足の爪が○○で足湯やフットマッサージに行けなかった私
20代後半になってから、私にはある悩みが出てきました。それは、「足の爪」の悩みです。

はじめは、「爪に縦の線が入ってきてるなぁ」と感じただけでした。しかし、そのうち爪の表面が波打ち、だんだん厚くなり、茶色っぽくなっていったんです。中には白濁している爪も・・・。

さすがにこんな爪じゃイヤなので、対策はいろいろやりました。

保湿クリームをつけるのはもちろん、爪の表面を削って物理的に元に戻そうともしたんです。しかし、まったく変化しませんでした。

爪を切ってもあいかわらずボロボロで、削った表面はなめらかになっても生えてくる爪はボコボコ状態。もう完全にお手上げでした。

このような状態ですから、人前で素足になるなんて絶対にムリだったんです。

夏でも、つま先が空いているサンダルやミュールを履くのをやめました。今まで友だちと一緒によく行っていた、足湯やフットマッサージも断っていました。

付き合いが悪くなった私を変に思うのは当然ですよね。そのため、完全に疎遠になった友人もいます。

でも友人の一人は、私の変化を見て、このようなことを聞いてきました。

「もしかして、足の爪、やばいことになってない?」

ビックリしました。

誰にも話してないのに、なんで足の爪のことを・・・と思ったら、付き合いを断っていたのは「足」に関するものだけだったので、簡単にわかってしまったようです。

でも、もっとビックリしたのは、次のようなことを言われたからなんです。

爪のアレには誰でも知っている○○が有効だった?!

爪のアレには誰でも知っている○○が有効だった?!

「だいじょうぶ、私の足の爪もやばかったから^^」

実は、その友人も足の爪のことで悩んでいたというんです。

症状は、私とほとんど一緒。爪がボコボコになるのをはじめ、爪が厚くなる、線が入る、茶色く変色するなどです。

でも・・・

しかしですよ、その友人は、今は普通にサンダルを履いてます。フットマッサージにも通っています。

というのも、足の爪の悩みがなくなったからなんですね。

そこで聞いてみたところ、なんと「お酢」が良いみたいなんです。お酢とは、もちろんあの料理に使う調味料です。

そのお酢には、なんと次のような働きが医学的に認められているんです。

足白癬に対する酢の殺菌作用が認められている

足白癬に対する酢の殺菌作用が認められている

学会でも酢の有効性は証明されています

このように、学会でも酢の有効性は証明されています。ですから、爪の症状を改善させようと、酢を使った療法がいろいろ存在するわけですね。

調べてみると、酢を利用した改善法で悩みが解決した人は多いみたいです。

酢には他にもいろいろな作用があります。

たとえば、乾燥予防や弱酸性に保つ働きがあるため、健康な皮膚や爪の状態を維持するサポートをしてくれます。飲んでも、美肌効果や血液サラサラ効果が期待できますね。

足に使う場合、酢をぬるま湯に入れて10倍ほどに薄めて、そこに足を浸す方法があります。他にも、コットンに原液を含ませて足の指に巻いて置いておくやり方もあります。

ところが、このお酢を使った改善法には弱点がありました。

それは、爪が厚く硬くなっているような、状態が悪い場合はなかなか浸透しないことです。実際に、軽い症状の人は改善しているようですが、私のように悩みがかなり深くなっている人はほとんど変化がないようです。

考えてみればそうですよね、あんなに変形して分厚くて硬い爪に、浸透するはずがないですから・・・。

浸透しないと変化は感じない

浸透しないと変化は感じない

爪の状態を改善させたいわけですから、当然、爪に成分を浸透させる必要があります。しかし、ニゴリ爪や変色爪の場合、爪に浸透しにくいという弱点があったわけですね。

さらに、爪の表面には「油」の膜があるので、余計に普通の酢が馴染みにくいようなんです。

そこで友人に、どんなことをして浸透させたのか聞きました。すると・・・友人が使っていたのは、ただの「お酢」ではなかったんです。

酢の中でも「竹酢」と呼ばれるものでした。さらに、保湿成分や健康な爪を伸ばすための成分も重要とのこと。

これらの成分をしっかり爪の内部に浸透させるためには、市販のクリームではムリだったんですね。

友人の場合、「足の爪専用」のジェルを使っていたんです。

友人が使っていたのはこれ!!

クリアネイルショットα

「クリアネイルショットα」

「クリアネイルショットα」は、今までなかなかできなかった、浸透力にこだわった爪ケア専用のジェルです。

竹酢液をはじめ、ヒノキチオールやレモンティーツリーなどの爪をなめらかにする成分、より早く健康な爪を成長させるポリアミン、保湿をして浸透を助けるアボカドオイルなどが配合されています。

これらの成分が爪の内部までしっかり浸透する設計になっているので、まさに足の爪だけに開発された特別仕様と言えるものですね。

それで、私も迷わず購入して、さっそく使いはじめました。まだ1ヵ月ほどしかたっていませんが、爪の変化は感じはじめています。

もちろん、悩みがなくなるまでにはしばらく続ける必要はありますが、表面のガサガサがなめらかになり、爪も切りやすくなってきたんです。

私が購入を決めたのは、友人も悩みがなくなったからだけではありません。

ネットによくあるような、怪しいものではないのも決め手でした。一部上場企業が開発・販売しているんですね。

また、効能評価試験が行われ、クリアネイルショットアルファの使用期間ごとにあらわれる結果が、研究誌にも掲載されています。

そして、(あまりお金がない私は)全額返金保証つきというのも購入した理由です。どうせ効果を実感できなくても、返金してもらえば済むことですからね。

もちろん、使いはじめてから変化を感じているので、リピート確定ですが。

>>詳細はこちら<<

成分が浸透しないと意味がない

成分が浸透しないと意味がない

その場しのぎの対策なら、私のようにいちいち表面を削ったり濃いめのペディキュアを塗ったりするのもいいでしょう。でも、それってあくまでも一時的な対策なので、悩みは永遠に続くことになるんですよね。

私はそれがイヤで、根本から対策をして悩みをなくしたかったんです。そのためには、民間療法をあれこれ試すのではなく、効果が期待できる専用ジェルを使い続けることが近道と考えました。

もし、あなたも私のように、にごり爪や変色爪のような、足の爪のことで悩んでいるならば、早くて2週間、通常でも1~2ヵ月たてば変化に気づくはずです。足の爪専用の特化型ジェルって、こういうことなんだなぁと。

全額返金保証キャンペーンはいつまで開催されているかわかりませんので、悩みを根本的に解決したいと思っているならば、ぜひ体験してみてくださいね。

>>詳細はこちら<<