ミニオンズフィーバーが延期に…2021年の日本での公開日ほか最新情報

2010年に公開された怪盗グルーの月泥棒以来、大ヒットを記録しているミニオンシリーズ。このミニオンシリーズの最新作公開の予定が発表されました。

今回は気になるミニオンシリーズ最新作のミニオンズフィーバーについてお伝えしたいと思います!

リサーチャー:こゆき(30代女性)

ミニオンズフィーバーの注目ポイント

ミニオンシリーズ第5作目となる「ミニオンズフィーバー」。

2017年に公開された「怪盗グルーのミニオン大脱走」の次のエピソードとなりますが、物語は主人公グルーとミニオンズたちが出会った後しばらくしてと言うことなので、話としては「ミニオンズ」の直後となります。

この物語に出てくるグルーは幼く、時代は現代から遡って1970年代を舞台としています。音楽や登場するキャラクターも70年代当時を彷彿させます!

また、「ミニオンズ」でもメインのキャラクターとなり、人気を博したケビン・スチュアート・ボブの三人に加え、新たなミニオンズキャラクターにも注目です!

新ミニオンでもあるオットーは、歯列矯正している見た目とピンと立ったヘアスタイルが特徴。キュートな見た目に対して、グルーを困らせるトラブルメーカーでもあります。

オットーを筆頭に今回もハチャメチャなことをしでかすミニオンズたちに注目です!

公式サイトはこちら

ミニオンズフィーバー基本情報

タイトル:ミニオンズフィーバー(原題Minions:The Rise of Gru)
公開日予定:2021年夏(当初は2020年7月17日公開予定でしたが、コロナのため公開延期)
声優:(日本語版吹き替えキャストは公開未発表)
ミニオン/ピエール・コフィン
グルー/スティーヴ・カレル
ベル・ボトム/タラジ・P・ヘンソン
マスター・チョウ/ミシェル・ヨー
ジャン・クロード/ジャン=クロード・ヴァン・ダム
サヴェンジェンス/ドルフ・ラングレン
ストロングホールド/ダニー・トレホ
ナンチャック/ルーシー・ローレス、RZA
ネファリオ博士/ラッセル・ブランド
グルーの母/ジュリー・アンドリュース
ワイルドナックルズ/アラン・アーキン

公式Twitterでも情報をアップしています!
公式ツイッターはこちら

ネタバレ情報

今作品は「ミニオンズ」の続編にあたりますが、その後どのようにグルーが大泥棒へとなったのかやネファリオ博士と出会ったのかはまだ分かっていません。

今回公開される「ミニオンズフィーバー」では、大悪党に憧れるグルーがミニオンたちと出会った後、大悪党グループであるvicious6に仲間入りすべく門をたたきます。しかし、まだ子供だからと言われ、話を聞いてくれません。

グルーはその言葉を聞き、vicious6の持つお宝をその場で盗み、逃走!途中、お宝を新ミニオン・オットーに託し、何とかvicious6の手から逃れたのですが、オットーはなぜか奪った宝を途中で別の者と交換していたのです。

オットーを中心にハチャメチャな展開が予想されますが、物語りにはネファリオ博士の登場も予定しているとのことなので、彼がどうしてグルーと協力することになったのかついても触れられるのではないでしょうか。

また、日本語版吹き替えキャストはまだ発表されていませんが、これまで主人公グルー役は笑福亭鶴瓶さんが担当されています。

「ミニオンズ」でも幼少期のグルーを笑福亭鶴瓶さんが担当されていたので、今作品も引き続き担当されることが予想されます!

最新トレーラーにて物語のあらすじが公開されています!
最新トレーラーをYou Tubeで見る

ミニオンシリーズ情報

これまで公開されたミニオンシリーズは以下の通り。

2010年『怪盗グルーの月泥棒 3D』
2013年『怪盗グルーのミニオン危機一発』
2015年『ミニオンズ』
2017年『怪盗グルーのミニオン大脱走』

時系列としては「ミニオンズ」は他の三作品よりも前となり、今作品は「ミニオンズ」の続編にあたります。

リサーチャーズボイス…ここが楽しみ!

ミニオンズシリーズは全てチェックしていますが、今作品はどうしてグルーが大悪党として名を馳せるようになったのかや、最初の手柄について描かれていると思うととてもわくわくします!

前作「ミニオンズ」の続編でもあるので、ケビン・ボブ・スチュアートにも注目したいところですが、新ミニオンであるオットーにも注目したいところです。オットーがどんなハチャメチャなことをしでかすのか、グルーとの関係性がどのように描かれるのかも気になります。

そして、今作品は70年代が舞台と言うことなので、劇中使用される音楽についても気になります。公開は夏頃と言うことですが、夏が来るのが楽しみで待ちきれません!