画家の上西竜二さんのプロフィールや絵画教室情報!個展や水彩画講座DVDの評判は?

上西竜二さんは、個展の開催や様々な創作活動を行っている画家です。

そのため「上西さんのプロフィールや経歴は?」「絵画教室はやっているの?」「水彩画講座DVDの評判は?」「どんな個展を開催しているの?」など知りたがっている人も少なくありません。

そこでここでは、画家上西竜二さんの経歴や個展、絵画教室情報、油絵を描き始めたきっかけ、そして話題のDVD「いきなり上手に描ける水彩画講座」の内容・評判に関して解説していきます。

上西竜二さんのプロフィールや絵画教室について

上西竜二さんは1976年3月7日生まれで辰年・うお座・AB型、出身地は岡山県井原市です。

主に油彩や水彩で静物画や人物画、風景画などを描いている画家さんです。

静物画は、何か象徴的なモチーフをメインに使った作風が多く、繊細で鮮やかなタッチで描かれているところが魅力的です。

上西竜二さんは、1999年に岡山大学教育学部特別教科教員養成課程美術専攻を卒業し、2001年、広島市立大学大学院絵画専攻(油絵)を修了しています。

2001年には広島で絵画教室をはじめ、同じ年に修了制作展:プリ・ラ・ジュネス賞を受賞しています。

それからは様々な個展を開催しています。

上西竜二さんは現在、岡山市で「天ぷら絵画教室」を毎月第二日曜日に開催されているようです。

個展や創作など広く活動している画家

上西竜二さんは個展や創作など広く活動している画家

画家と言っても、一般的にはどういった生活をしていてどんなふうに仕事をしていて、どんな人なのかと言うイメージが湧きにくいことかと思います。

特に日本はあまり、芸術的な市場の規模も大きくありません。

アートなどの鑑賞も好きな人はするでしょうが、興味のない人はほとんど何も知らない人が多いほどです。

画家と言う職業の方は、普段一体どんな生活をしているのでしょうか。

もちろん生活スタイルは人それぞれですが、上西竜二さんの場合は、個展を開いたり、絵画教室をやっていたり、取材などを受けたり、海外に行ったり、作品を創作したりと幅広く活動していることが多いようです。

それらの活動内容を追いたい方は、ぜひブログを見てみてください。

今年いっぱいの活動内容などもざっくりとですがスケジュールが書かれています。

上西竜二さんが油絵を始めたきっかけ

上西竜二さんが油絵を始めたきっかけ

油絵と聞いて、なじみがあると言う方が少ないかもしれません。

上西竜二さんが初めて油絵を描いたのは大学1年生の時だったそうです。

その時は油絵にはほとんど興味がなく、むしろ泥臭いイメージを持っていたとか。

それから、溶き油のニオイが苦手だと言うことも語っています。

この泥臭いイメージと、油の匂いと言う2つのことから、むしろ油絵は好みではないと思っていたそうです。

それに、道具の使い方も慣れていません。

そんな状態で、上西竜二さんはどうして油絵を描くことになったのか?それは、単に大学の授業で必修だったからといいます。

「え、そんな理由なの?」と思われた方もいるかもしれませんが、案外何かを始めるときの理由なんてそんなものだったりしますよね。

何か大きな志を持って、大きな夢を持って、大きな目標を持って始める人ももちろんいると思いますが、なんとなく始めたり、たまたま大学で授業であったから始めたと言う方がいても、何ら不思議なことではありません。

自分が一生続けていくようなものに、どこでどんなタイミングで出会うかと言うのは人それぞれのものです。

もし、今自分にはそんな夢はないと思っている方がいるとしたら、それは単に出会っていないだけかもしれません。

もしかすると、出会っているけれどその魅力にまだ気づいていないということかもしれません。

話を戻しましょう。

油絵を初めて描いたとき、どう思ったかというと上西竜二さんは、「水彩画とよく似ている」と思ったと話しています。

絵具を水でとくか、油でとくかの違いだけで、それ以外はそんなに抵抗はなかったと。

それに、紙の上に書くよりもキャンバスの上に絵を描くことで、気づいたのはキャンバスがとても丈夫だと言うこと。

確かに、特に水彩画の場合は水で溶けるので、キャンバス上で色をわざと溶け合わせるために水を多く使ってキャンバス上で色を重ねることがあります。

油絵も乾くのが遅いので、それがメリットとなります。

乾くのが遅いと言う事は、その分キャンバス上で何度も修正ができたり色を重ねることができると言うこと。

これは書き手にとっては良い条件になるといえます。

ちなみに、上西竜二さんが初めて描いた作品は「フクロウの剥製」だそうです。

そんな上西竜二さんがレクチャーしている絵画講座DVDがあります。

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座DVDの内容と評判

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座DVDの内容と評判

上西竜二さんが水彩の描き方を教えているDVD「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」が話題になっています。

そこで、なぜDVDが話題になっているのか、内容やメリット、評判について取り上げてみます。

DVDの内容や特徴

「絵を描きたいけど何からはじめたらよいかわからない」「初心者でも水彩画を簡単に上手に描ける方法ってあるの?」など、自分も絵を描いてみたいと思う人が増えてきました。

「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」は、上西竜二さんがそんな初心者のために、プロのコツを真似することでスムーズに上手に描けるようになる方法をまとめたDVDです。

DVDのレッスン内容は次のようなものがあります。

  • 色塗りのコツをいち早く習得するための下絵に色付けするやり方
  • どの色をどの量でどのタイミングで混ぜるか、脱初心者のための混色の秘訣
  • プロが教える猫の下絵デッサンのコツは◯◯!
  • 素人との差がスゴイ!プロの色使いを省略なしで全部公開
  • 初心者でも遠近感をしっかり出すための風景画の表現方法
  • ユリをキレイに立体的に描くための下絵と色塗りのコツ
  • 広い風景を一枚の絵に書き込むプロの技を出し惜しみなく暴露
  • 水彩画独特の描き方を習得して上手になるためには◯◯が必須!

ここで取り上げたもの以外にも、まだまだプロ直伝ならではのレッスンがあります。

また、DVDの特徴やメリットには次のようなものがあります。

  • マネするだけで上達できるからモチベーションが高いまま続けられる!
  • 色塗りからレッスンが始まるためいきなり上手な絵が描ける
  • 絵画教室ではできない!DVDで何度も学べるため理解度を深められる!

このように、レッスンの順序が考えられ、さらにプロがすべてを披露しているDVDならではのメリットがたくさんあります。

DVDの評判や口コミ

「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」の口コミや評判

「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」の口コミや評判には次のようなものがあります。

「優しい人柄と丁寧な解説でありがたい教材」(70代女性)

最後に絵筆を手にとってから数十年経ちます。
このような私にとって、上西先生の教材はとてもありがたいものでした。

丁寧な教え方で優しいお人柄がわかります。
また、どのような画材を揃えればよいのか、初めての方を対象にした筆の使い方も丁寧に指導されています

一般的に絵の具の種類は多いため覚えられないことが常です。
しかし、先生が使用している絵の具が画面に表示されるため、自然に絵の具の名称も覚えてしまいました

これからも教材のお世話なりながら、自分の絵を描いていきたいと思います。

「絵心がなくてもマネすれば素敵な絵が描ける!」(40代女性)

絵が好きで描きたいと思っていました。

しかし絵心がないため、小学生の子供にも笑われる始末…。

そんなときに見つけたのが、このDVDです。

ビックリしたのは、絵心がなくても先生のレッスンのとおりにやってみるとスムーズに上達できるんです!

最初から素敵な絵が描けました。

今は嬉しい気持ちとともに、もっともっと練習したい気持ちでいっぱいです。

「さらなる上達を目指して」(70代女性)

現在絵画教室に通っているのですが、より多くの技術を習得して上達したいために、こちらの講座を受講しました。

絵画教室の先生を驚かせたかったのです。

実際にこちらを受講して、たいへん心強い思いです。

今後もお世話になります。

「もっと描きたくなりました」(70代男性)

定年後に絵を描きたくなり水彩講座DVDを購入させていただきました。水彩画の基本がまるでわかっていなかったため習得したかったのです。

様々な対象の描き方が掲載されておりたいへん助かっております。欲を言えばさらに対象物を増やしてレッスンを増やしてほしいと思ったことです。

「絵画教室にはない自分のペースでできるのが良い!」(40代女性)

まず、この水彩画講座のDVDを買ってよかったと思っています^^

絵画って私にとってハードルが高いとずっと思っていて手が出なかったのですが、上西先生のおかげで自信を持って趣味と呼べるものが増えました。

ほとんど絵を描いたことがない超のつく初心者なのですが、上西先生の教え方がとても良くてわかりやすいんです。

まだまだ練習は必要ですが、事細かな説明やプロの技を教えてもらえるおかげで、水彩画を描く楽しみを存分に味わっています。

巷の絵画教室って、申し込んだら行かなければいけないという義務感が生じるため行きづらいんですよね。

でもこの教材はDVDなので、自分のペースで学習できますし、絵を描くことができます。

本当にDVDを購入して良かったです^^

「個展開催を目標に精進中!」(男性)

絵画歴が3年の者です。それなりに経験はありますが、壁になっていることも少なくないため購入いたしました。

DVDのレッスンはもちろんですが、メールに書かれている内容も問題解決の糸口になりました。

このような言葉でのレクチャーは、私にとってたいへんためになっています。

絵画教室に行くと、生徒が描いた絵を先生が筆を入れて添削するケースも少なくないと思います。でもこの方式に疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

私もその一人のため、このようなDVDとメールでの方式が私に合っており、やる気を維持しながら楽しんで絵を描くことができます。

先生のレッスンを参考に、個展を開催することを目標にしています。

このように、購入者からの良い口コミが多く評価が高いことがよくわかります。

期間限定プレゼント&追加特典情報

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座の限定特典とプレゼント

「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」を購入すると、期間限定ですが次の4個のプレゼントがもらえます。

1.道具の揃え方解説

初めて水彩画に挑戦する人向けに、水彩画をはじめるに当たって必要な道具の揃え方が解説されています。

「使用する紙は普通の画用紙?ケント紙?水彩紙?…何を選べばよいの?」

「筆は絵の具を付けてまっすぐ滑らすように使うのは間違い?どうやって使えばよいの?」

など、初心者にとっていろいろな疑問があるでしょう。

そのため、スタート段階でつまづかないように道具の揃え方がレクチャーされています。

2.下絵を上手に描かくための画用紙

塗り方を覚えたら、次は自分で下絵を描く段階です。

しかし、下絵が上手に描けないという初心者はとても多いです。

そのため、補助線のガイド付きで、初心者でも下絵を描きやすいように画用紙がプレゼントされます。

3.絵の具の正しい落とし方解説

ちょっとした豆知識ですが、絵の具がはねたり筆を落としたりして、絵の具が服などについてしまうことがあります。

その際にキレイに絵の具を落とすやり方が解説されています。

4.初心者レベルの水彩画を卒業!プロのちょっとした技

水彩画の経験者でもなかなかプロレベルに追いつけずに悩んでいる人は少なくありません。

実は、そこにはプロとアマチュアの明確な「差」があります。

そこでDVDを見てわかるように、絵を作品としてキレイに仕上げるテクニックが紹介されています。

水の調整がわからず紙がデコボコになってしまうなどで悩んでいる人は必見です。

追加特典:絵の具5色セット

さらに追加特典として、今なら最初の講座で使用する5色の絵の具がプレゼントされます。

この5色の絵の具があれば、教材が届いてすぐに始められるため便利です。

このように、特典付きで良い口コミも多く、長年絵画教室に通っている人よりも早く上手くなれる秘密がぎっしり詰まっているDVDが上西竜二さんの「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」です。

自宅でプロの描き方のコツを習得したい、短期間で水彩画を上達させたい人は、公式HPをチェックしてみてください。

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座の公式HPはこちら